屋内。重役会議室。ウェイン・エンタープライズ。日中。

ウェイン・エンタープライズのCEO、ルシアス・フォックスと役員たちがラウ(四十代、L.S.I.CEO)の話を聞いている。

ラウ
L.S.I.ホールディングスといえば、中国では破竹の勢いの成長企業として知られています。ウェイン・エンタープライズとの合弁が成立すれば、まさに鬼に金棒と言えましょう。

フォックス
ラウさん、役員およびウェイン氏を代表して言いますが、我々もこのプロジェクトには大きな期待を

ラウは議長席を見る。ウェインは居眠りしている。

屋内。廊下。ウェイン・エンタープライズ。日中。

フォックスがラウをエレベーターに案内する。リース(三十代、M&Aコンサルタントで弁護士、野心家)もついてくる。

ラウ
いいんですよ、フォックスさん。御社の本当の経営者が誰かは、みんな知っています。

フォックス
こちらの結論がまとまり次第連絡いたします。

エレベーターのドアが閉まる。リースが眉をひそめる。

リース
ウェン氏がトラストファンドの復活に興味をお持ちなのは分かりますがあれではこちらの面目が立ちません。

フォックスは自分のオフィスに戻り始める。リースが続く。

フォックス
君は役員たちの意見をまとめることだけを考えてくれればいい。ブルース・ウェインの心配をするのは、私の仕事だ。

リース
もうまとまってます。あの数字なら確実です。

フォックス
(笑顔で)もう一度チェックしてくれ。トラストファンドがなくなったら困るだろう?

屋内。重役会議室。ウェイン・エンタープライズ。直後。

ウェインが窓辺に立っている。

フォックス(画面外から)
夜遊びは程々にしてくださいよ。
(ウェイン、破顔する)
の合弁事業はあなたのアイディアで、コンサルタントたちも大乗り気ですが、私はちょっと気になることがあります。L.S.I.は毎年8パーセントも成長し ている。まるで時計仕掛けです。きっと帳簿に書かれてない収入源があるのでしょう。ひょっとすると、法に触れるような

ウェイン
わかった。じゃあ断ろう。

フォックス
(ウェインを見て)もうご存知でしたか。

ウェイン
帳簿をよーく見て、やっと分かったんだ。

フォックスは皮肉な笑顔でウェインを見る。

フォックス
ほかにも何か面倒なことを頼みにいらしたようですな。

ウェイン
新しいスーツがいるんだ。

フォックス
(ウェインを上から下まで見て)
たしかに、三つボタンはもう流行りませんな。

ウェイン
ファッションじゃなくて、ファンクション(機能)の話さ。

ウェインはいくつか図面を引いてみせる。フォックスはそれらをじっくり見る。

フォックス
首が回せるようにしろと?

ウェイン
バックで車を出すとき便利だからね。

フォックス
では考えてみましょう。