Three Cats

上空。バットシグナル。
屋外。屋上、警察署。夜。

バットマンが物陰から現れる。まぶしいサーチライトのすぐそばに立っていた男が振り返る。デントだ。

デント
君に会うのは大変だな。

ドアをバーンと開けて、ゴードンが駆けつける。銃を抜いている。デントを見る。

デント(間を置かずに)
ラウはもう太平洋を半分ぐらい越えている。もし私に言ってくれれば、パスポートを取り上げることができた。だから私も参加させてくれと言ったのに。

ゴードン
それがどうした?金庫に残っていた金は、すべてマーキングした札だった。強制捜査があるのを知ってたんだよ。あんたのオフィスが絡んできた途端に情報が漏れた

デント
私のオフィスだと?君こそここのオフィスにウェルツだのラミレスだの、うさんくさい連中を大勢抱え込んで
(睨みつけるゴードンから目をそらし)
おお、そうだ、ゴードン君のところの新人の不正行為を、もうちょっとで押さえられるところだったんだが

ゴードン
ごまかすんじゃない。どう見たってあんたのオフィスにはマローニの犬が入り込んでるんだ。

デントはバットマンの方を向く。

デント
ラウを連れ戻さねばならないんだが、中国は絶対に容疑者を引き渡さないんだ。

バットマン
もし私が奴をつれてきたら、しゃべらせることができるか?

デント
なんなら歌だって歌わせるさ。

ゴードン
我々はギャングの命金を取り上げようとしてるんだ。きれいごとじゃすまんぞ。

デント
この仕事に就いたからには、覚悟はできてるさ。あんたと同じだ。(バットマンの方を向いて)で、どうやって連れ戻すんだ?

バットマンは既に消えている。デントは驚いて辺りを見回す。ゴードンがニヤリと笑う。

ゴードン
ああいう奴なんだよ。