屋外。香港。夜。

きらめく夜景の中の、最も高いビルに近づいていくと、ウェインが屋根の上にしゃがんでいる。シャキン!篭手から刃が生える。ヘルメットのような仮面をかぶる。今日のマントは特殊なゴム製パラシュートのような形をしている。

ウェインは立ち上がる。ベルトから二つの黒い小箱を引き抜き、カチリと組み合わせて展開すると、ライフルのような道具になる。バットマンは二番目に高いビルディングを狙い、照準を合わせて撃つ。四回。

四つの小さな吸着型爆弾がビシビシとビルのガラスに張り付く。タイマーがカウントダウンしているのが見える。

屋内。ロビー。L.S.I.ホールディングス。夜。

フォックスの携帯が守衛所の箱の中で微光を放つ。画面を無数の文字が走る。

画面はやがて明滅し、光が消えていくと同時にビルの正面の強化扉が一斉に開く。

守衛は通信機を引っ掴んで、救援を呼ぶ。

屋外。L.S.I.ホールディングスを見下ろす屋上。

バットマンが高い塔から、煌めく夜景の中に飛び立つ。パラシュートがバシュッと展開して、蝙蝠の翼になり、L.S.I.めがけて滑降し、ビルの周りを巡って、翼を傾け裏窓に位置を合わせる。

屋内。L.S.I.ホールンディングス。ラウのオフィス。夜。

ラウは電話に向かって話している。大型液晶モニタ上の収益グラフを見ながら。突然部屋が暗くなる。

屋外。L.S.I.ホールディングス。直後。
窓に向かって突き進みながら、バットマンは翼をたたむ。マントに身を包んで、砲弾のようにガラスを突き破る!

屋内。ラウのオフィス・スイート。L.S.I.ホールディングス。夜。
ガラスの破片を撒き散らしながら、バットマンが床を転がってゆく。

屋内。ラウのオフィス。L.S.I.ホールディングス最上階。夜。

ラウが拳銃を抜く。

屋内。廊下。L.S.I.ホールディングス。夜。

ラウが廊下に出てくる。ボディーガードたちが懐中電灯を持って待ち受けている。

ラウ(中国語で)
警察は何をしてるんだ?

ボディーガード(中国語で)
すぐ来ます。

ラウ(中国語で)
何のために奴らに金を払ってるんだか。

一行は階段を目指す。

屋外。L.S.I.ホールディングス。夜。

刑事に率いられた香港の小さな警官隊が車を降りる。

屋内。メザニン。L.S.I.ホールディングス。夜。

ラウと部下たちがメザニンに向かっておりていく。

部屋の反対側で、何かが壊れる音。ラウの部下たちは散開して、部屋全体を懐中電灯で照らそうとする。

突然懐中電灯の一つが消える。そしてもう一つ。誰かの悲鳴。

ラウが発砲する。そしてもう一発。マズルフラッシュが一瞬室内を照らし出す。

屋外。L.S.I.ホールディングス。夜。

警官隊が建物に突入する。ロビーの守衛が刑事に行くべき場所を教える。

屋内。オフィス。L.S.I.ホールディングス。夜。

ラウがドアを施錠する。拳銃を再装填。右側から物音。振り向いて撃つ!

マズルフラッシュに照らされて、バットマンが悪魔のように襲いかかる。

ラウは発砲し、バットマンの体当たりを受けながらまた撃つ。バットマンは小さなバックパックを取り出し、手早くラウに背負わせて

吸着爆弾のタイマーが0を表示する。

香港の刑事と警官隊が部屋に飛び込んでくる。ラウとバットマンが背にしていた壁と天井が爆発!残った穴から見える香港の夜明けの空。

刑事が周囲を見回す。どこからともなく聞こえてくる、轟々という低いうなり

バットマンはラウの背嚢に付いた紐をぐいと引っ張る。警官たちをおののかせて、爆音とともに飛び出した観測気球は、強化ナイロンの細いロープを引っ張りながら上っていく!警官たちは銃の安全装置を外す。

ラウが上を見る。呆気にとられている。観測気球は60メートルほどの高さで、のんびりと揺れている。轟音はさらに激しくなり

突然巨大なC-130が空を揺るがして現れる。機首のV型のパーツが気球のロープを引っ掛け、ラウとバットマンは天井の穴から引っさらわれる。

ラウの絶叫。二人は夜明けの空に舞い上がる
刑事が見上げる。バットマンとラウはもう見えない。